EDとの戦い

まさか自分がEDになるなんて…思ってもみなかった残酷な現実から目を背けないで。その悩み、まだ解決できます!降りかかった試練にあなたはどう立ち向かう?!憎きEDとの戦いが今、始まる!

EDと戦う男性の写真

EDの原因と効果的な治療薬とは

EDは、男性の勃起不全を意味する言葉ですがこの原因はそれぞれの患者によって大きく異なります。
EDの原因を2つに分けると、身体的な負担に対する要因と精神的な負担に対する要因の2つに分類することが可能です。
前者に関しては、肉体的な何らかの疾患が生じたために勃起することが不可能になってしまうことを意味します。例えば、肉体の老化によって男性の本来の代謝機能が低下してしまうと身体の血液の流れやホルモンバランスが悪くなるので勃起することが不可能になります。勃起というのは、そもそも血液の流れと男性ホルモンの分泌によって基本的には成り立っていますので、老化が進んで血流が悪くなってホルモンの分泌量が減ってしまうと自然と勃起することができない身体になります。だから、多くの老人が勃起をすることができない状態になっているのです。また、交通事故などによって阪神が不随になってしまうような場合も勃起することができません。
もう一つの要因である精神的な要因というのは、ストレスのことを意味します。実は、勃起不全は社会的な生活の中から受けるストレスによっても発生することがわかっています。過度なストレスを受け続けると身体の状態がおかしくなって正常な働きをすることができなくなります。それが原因で勃起することができなくなり、精神的な要因も慢性化するとなかなか自力で治すことができなくなるので薬に頼らなくてはいけません。
これらの状態を治療するために効果的な薬は、全て病院で処方してもらうことができます。病院で処方される治療薬は研究で開発されたれっきとした薬なので、一般的なお店で精力剤などを購入しなくても病院に行けば簡単に問題を解決できます。

EDの薬にもジェネリックはある?

EDになると男性器の十分な勃起ができず、パートナーとの満足な性行為ができなくなります。
自分が満足できなくても良いしても、パートナーに不満が溜まるので、放置せずに治療をすることが大切です。
EDの原因は器質性や心因性など種類がありますが、治療するには泌尿器科か専門のクリニックに通うことで、勃起ができない症状を改善することが可能です。
現在の病院で処方される治療薬は成分で分けて3種類が存在し、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つから自分で選ぶことができますが、身体と治療薬との相性によってはどれか1つだけしか選べないということもあります。
ED治療は健康保険が適応されないため、治療も薬の処方も全てが自己負担となるため、意外と高額な医療費がかかることになります。
とはいえ、バイアグラは特許が切れていることから、ジェネリック医薬品が製造され、国産品も出回っているので、病院によっては処方してもらうことも可能です。
バイアグラジェネリックは1錠あたり1,000~1,200円ほど、新薬やレビトラ、シアリスは1,500~2,500円の価格となっており、頻繁に使うには少々高い値段と言えます。
レビトラ、シアリスは現在のところ、特許が切れておらずジェネリックは販売されていませんが、インドの製薬会社からは、同じ成分を使用したコピー品が製造され海外で流通しています。
海外製のジェネリックやコピー品は、日本で購入するよりも安く販売され、1錠あたり300~500円ほどで購入が可能です。
また、高濃度の容量で出回っているので、ピルカッターなどで分割して、自分の体に合った容量に調整することで、1回使用する分の薬価を安く抑えることが可能です。

EDが再発することはあるのか

EDの多くは生活習慣が原因で発症するため、生活改善をすれば治ることがほとんどです。
重度の症状だと治すのに時間がかかりますが、立ちが悪い程度なら数ヶ月で勃起力を高めることが可能です。
ED対策において大切なのは、第一に生活習慣を改善して健康診断で問題なしの状態にすることです。
これを徹底していれば、年齢相応の勃起力は維持できます。
若くしてEDを発症させる方に共通するのは、生活習慣が乱れていることです。
ヘビースモーカー、バランスの悪い食生活、夜ふかし生活、慢性的ストレスなどなど。
カラダに悪いと自覚できることは、すべてEDの原因になると考えていいでしょう。
EDは完治しても、再発する可能性は十分にあります。
クリニックの治療法は、ED治療薬を服用しながら原因に応じた生活改善をしていくものです。
どのクリニックでも治療法の流れはほとんど変わりません。
治療には保険が使えないので、10割全額の自己負担となります。
再発する原因として多いのは、不規則な生活スタイルに戻ってしまうことです。
例えば、休職をして精神状態を安定させたら、勃起力が復活するケースは多いです。
年齢相応以上の勃起力が復活しても、再び働き始めると再発するケースは多々あります。
EDに悩んでいたころの生活習慣に戻ってしまうからです。
勃起力が低下してしまう原因で意外と大きいのがストレスです。
ストレスが過剰になると、ペニスが言うことを聞かなくなります。
ストレスと無縁な生活はありえませんが、ストレスが蓄積する状態は工夫して解消していきましょう。
そのまま放置しておくと、ストレス解消が難しくなります。
8時間以上眠っても疲れが抜けないならば要注意です。
疲労やストレスをカラダから抜いていく必要があるでしょう。
安心してください、EDは治療可能です。
■第3のED治療薬
シアリス
■上記で紹介したED治療薬のジェネリックについて
カマグラを試してみるならこちら